2019年3月星と緑のロマン館

長野に転勤してきて、星を見る場所には困りませんですが、

やはり良いローケーションとなるといくつかの選択肢に絞られると思います(暗くて風光明媚)。

私は「戸隠鏡池」と「小川村天文台」の2か所がお気に入りです。

小川村天文台の場所には「星と緑のロマン館」という宿泊施設があり、今回そこへの宿泊したレポートしたいと思います。

いつも施設の駐車場で写真撮影をさせて頂きましたが、1回宿泊してみたいと思っていました。

小川村は長野市の西隣りにある村で、自称?日本一美しい村と言われているところです。

個人の都合と天候が良いと予測される3月8・9日で一泊予約しました。

ネットの「じゃらん」でインターネット予約が出来ます(前日金曜日の夜に予約)。

今年は、暖冬で、小川村への山道に雪が全く無く、長野市の自宅から車で1時間ほどで到着致しました。

 

チェックインの15時になっても宿の人が誰も現れないので電話しようと思ったら、

宿の人がやっとやってきて無事チェックインしました。

前日に予約したので宿に連絡が行っているか心配していました。

他の人が見当たらないな〜と思っていたら「今晩は二人の貸し切りだよ」と言われてビックリしました。

今回は洋室の「ジュピター」へ。和室もあるそうです。部屋は綺麗で施設もしっかりしてます。

別にコテージもあるそうです(素泊まり施設)。

最近なんかの映画の撮影があったようです。

残念ながら温泉ではありませんが、大浴場があります(部屋風呂はありません)。

今回は、夕食・朝食は和定食でしたが美味しく・食べきれない程の量でした。

この宿は、やはり、アルプス稜線を見渡せる、ローケーションです。

東側は長野市や松本市の明りがあり、撮影には適しませんが、南から西、そして北は見渡しがよいです。

この日は南正面に冬の大三角形が見える位置でした。

予約しておけば20時から地元の星空案内の人が来てくれて解説もしてくれます。

ドブソニアンで観望会も開催して貰いました。

この日は小川村の天文台のドームの望遠鏡は冬場は使用できなく残念でした(ドームに雪が積もるため)。

1泊1万円と少し高いので合宿には使い難いですが、たまには星見をしてみるのもよいかもしれません。

斉藤直樹ホームページ