大阪万国博覧会

 昭和45年8月30日に大阪万博へ家族で行きました。

今で言う弾丸ツアーで土曜日の夜の夜行バスで大阪に向かい

日曜日の夜の夜行バスで東京に戻るという強行軍でした。

その当時は週休二日などは無く日曜日だけお休みというのが当たり前でしたので。

記憶のなかではとくにかく混んでいたという記憶しか残っていません。

メジャーなパビリオンは見れるはずも無くマイナーな国のパビリオンに行きました。

当時は『月の石』が一番の人気でした。

大阪万博シンボル太陽の塔の前で!

各国のパビリオンの前で撮影。中に入った訳ではありません。

 

英国・フランスなど大国のパビリオンはとても入れません。

 

今は無きソ連邦。あの時ソ連が無くなるとはだれが思ったでしょう。

日本企業館ももちろん大行列!

 

動く歩道で移動?実はこれはアトラクション。動く歩道に乗るのに待って乗りました。

今じゃどこにありますがね。

シンガポール。象牙海岸?

アジアやアフリカの小国のパビリオンを回って入りました。

 

会場での飲食は高いので水で我慢です。

未来?の車。今でもこんな格好いいの走ってないぞ!

ケベック?どこにある国だ?

 

お約束。擬似撮影。当時はこれでも革新的でした。

夜の太陽の塔。

今となってみれば行ったということに価値がありいい思い出となりました。